沖縄県(本島・離島)のツアーを探す

沖縄のビーチリゾートで過ごすゆったりとした旅はいかがでしょうか。那覇はもちろん石垣島や宮古島など人気の離島ツアーもございます。

検索をはじめる

人気ホテルから探す

観光ガイド

沖縄の特長

沖縄ってどんなところ?

50以上もの島からなる沖縄県。沖縄本島には琉球文化を肌で感じられる城(グスク)が点在しています。

石垣島、宮古島などの離島は、赤瓦の屋根が特徴の沖縄の原風景が今も残り、のんびりした時間が流れています。スキューバダイビングやマリンスポーツなどを楽しむ方も多く、エメラルドグリーンの美しい海にはたくさんの魚が泳いでいます。

羽田から那覇までは飛行機で2時間半から3時間ほど。大阪(伊丹/関空)からなら2時間ほどで到着。本土の一部空港からは石垣島、宮古島への直行便もあります。

沖縄には美味しいグルメも沢山あります。
沖縄そばや沖縄在来種の黒豚のアグー豚を使った料理。サーターアンダギーなどのスイーツも。
海に囲まれた沖縄は美味しい魚料理も沢山あります。グルクンなど本州ではあまり見られない種類の魚も沢山味わえます。

 

もっと見る

沖縄のおすすめ観光地

首里城

那覇空谷から車で15分

"沖縄の歴史・文化を象徴する城・首里城。2000年12月、日本で11番目の世界遺産として登録されました。首里城正殿火災の影響により、首里城公園は一時臨時休園していましたが、11月5日より一部施設を開園しています。 "

美ら海水族館

那覇空港から車で約2時間

一番の人気は大水槽で悠々と泳ぐ迫力のジンベイザメ。愛らしいイルカショー、大水槽を目の前に座れるカフェも人気です。沖縄観光には外せない人気スポットです。

国際通り

那覇空谷から車で15分

土産店やグルメ、カフェなどが立ち並び、地元民と観光客で賑わう那覇のメインストリート。

沖縄の季節とイベント

3月〜5月ごろの気候と服装

3月から20度を超える日も出てきて次第に暖かくなっていきます。ゴールデンウィークの終わり頃から、6月下旬あたりまでは梅雨シーズンの沖縄。晴れの日は少なくなりますが、紫外線量は非常に多いので対策は万全に。 3月前半は厚手の長袖が一枚あるとよいでしょう。後半から4月は薄手の長袖があると朝晩に冷えたときに重宝するので安心できます。日中紫外線が強いので対策に保護クリームやサングラスなどもあった用が良いです。4月以降になると日中はTシャツやノースリーブでも大丈夫な日が多くなります。

最高気温 最低気温 降雨量
3月 21.7℃ 16.5℃ 161.4mm
4月 24.1℃ 19.0℃ 165.7mm
5月 26.7℃ 21.8℃ 231.6mm

3月〜5月ごろのおすすめイベント

4月
島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)

沖縄県内各地

映画・音楽・ダンス・お笑い・アート・スポーツなどの総合エンタテインメントの祭典・島ぜんぶでおーきな祭。県内各地にて映画の公開、イベントが開催されます。レッドカーペットは映画出演者を中心に俳優、タレント、よしもと芸人など多くの芸能人たちが握手やサインをしながら歩いて行きます。

4月
琉球海炎祭

宜野湾海浜公園

琉球海炎祭(りゅうきゅうかいえんさい)は、毎年4月に沖縄県宜野湾市の宜野湾海浜公園で開催される、花火大会。「日本で一番早い夏」をうたい、日本で一番早い沖縄の海開きシーズンに合わせて開催されます。

1月
本部八重岳桜まつり

本部八重岳桜の森公園

"日本一早咲き"の桜まつり。標高453mの八重岳一帯に約7,000本のピンク色の琉球寒緋桜が鮮やかに彩り、訪れる人の目を楽しませてくれます。

6月〜8月ごろの気候と服装

6月の沖縄は梅雨真っただ中で湿度が83%を超えて非常に湿気があるので、少しでも風通しのよい服装を心掛けましょう。また湿度だけでなく気温も高いため、吸水性がよい服も適しています。 7月に入ると平均気温が31度を超えて夏真っ盛りとなります。日差しが強くても風は吹いているので熱がこもりにくい服装を心がけましょう。 もちろん紫外線対策も必要です。特に日焼けを気にされる方は羽織るものなどもあるとよいでしょう。また、ファミリーで出かける場合は特にお子さんの熱中症対策と紫外線対策に注意してください。

最高気温 最低気温 降雨量
6月 29.4℃ 24.8℃ 247.2mm
7月 31.8℃ 26.8℃ 141.4mm
8月 31.5℃ 26.6℃ 240.5mm

6月〜8月ごろのおすすめイベント

8月上旬から9月下旬
琉球夜祭 ~夏のよみたん夜あかり~

14世紀頃の琉球王朝時代の街並みを再現したむら咲むら施設が赤瓦に合わせた和風モダンでノスタルジックな空間、紅型模様で作る行灯篭、足元をほのかに照らす散歩道、光と反射で創る幻想的空間「ミラーボーラー」の作品にプロジェクションマッピングとあなたとあなたの大切な人の目を楽しませます。

7月中旬
海洋博公園サマーフェスティバル2020

本島中部(読谷村・嘉手納町)

沖縄県内最大級の約1万発の花火や、県内アーティストによるオープニングアクト等で盛り上がるサマーフェスティバルは夏の一大イベント。会場では子どもたちが涼みながら楽しめるビーチアトラクションも開催。2019年は「花々が彩る夏の宴」をテーマに色鮮やかな花火が夜空を彩る。

9月〜11月ごろの気候と服装

沖縄の9月は台風の影響で一年で最も降水量が多くなる時期です。服装は夏の装いで問題ないですが、雨具の用意はしっかりと行いましょう。9月上旬はまだまだ暑さが厳しいですが、シルバーウィークに入るとようやく過ごしやすい気候になってきます。9月下旬から10月に入るころには長袖の衣服やカーディガンなどをもって出かけるとよいでしょう。11月に入ると寒さを感じる日も出てくるので防寒対策はしっかり行いましょう。

最高気温 最低気温 降雨量
9月 30.4℃ 25.5℃ 260.5mm
10月 27.9℃ 23.1℃ 152.9mm
11月 24.6℃ 19.9℃ 110.2mm

9月〜11月ごろのおすすめイベント

11月
首里城祭

首里城公園

首里城正殿を中心とし、世界遺産の守礼門や園比屋武御嶽石門を含む歴史的建造物からなる公園です。2019年10月に発生した火災により見学できない地域があります。

12月〜2月ごろの気候と服装

日中は薄着でも問題ない日もありますが朝晩は冷えるので防寒対策は必要です。油断して風邪をひかないように注意しましょう。1月・2月は日中も20度に届かない日が続きます。北風が吹くと実際の気温より寒く感じる場合もあるので防寒対策はしっかり考えていきましょう。 ただ、沖縄は毎日寒いわけではなく日差しが出て暖かく感じる日もあります。そういうときのために薄着の上に上着を着ていつでも脱げるようにするなど工夫するとよいでしょう。

最高気温 最低気温 降雨量
12月 21.2℃ 16.3℃ 102.8mm
1月 19.5℃ 14.6℃ 107.0mm
2月 19.8℃ 14.8℃ 119.7mm

12月〜2月ごろのおすすめイベント

2月
今帰仁グスク桜まつり

今帰仁城跡

城壁の幻想的なライトアップや、城内への参道をろうそくの明かりで彩る「グスク花あかり」。特設舞台で芸能披露されたり、北山王・王妃との撮影会、特産物直販会、琉装体験等も行っており、沖縄の歴史や文化を感じながら美しい夜桜を楽しめます。

沖縄のよくある質問

沖縄旅行は何泊何日が人気ですか?

沖縄旅行は、本当だけ楽しむのでしたら2泊3日のツアーがお手頃で気軽に行けるので人気となっています。ファミリーやご夫婦で少しのんびりしたい方は3泊4日のツアーをチョイスする方が多いようです。離島だけで過ごす場合は、宮古島だと2泊3日、石垣島だと1泊2日あれば主要なスポットを回ることができます。

沖縄旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

沖縄を楽しみたい方は梅雨と台風の合間の晴れやかな夏の期間がおすすめです。街歩きを楽しみたい場合は春や冬の時期が過ごしやすくておすすめです。
7~8月は南国らしく海やプールで遊んだり、沖縄の伝統芸能から生まれたにぎやかなエイサーやハーリーのイベントも開催されます。海のアクティビティなどを楽しむ場合はこの時期がおすすめです。ただ、7月から10月ごろは台風のシーズンにもなるため、台風にあたってしまって予定通りにフライトが飛ばない場合に備えてスケジュールはゆったりと取っておくと安心です。
5月中旬~6月中旬が沖縄の梅雨シーズンにあたるため注意しましょう。

折込チラシをみたのですが、WEBからも予約はできますか?

はい。折込チラシに掲載した商品もWEBからご予約いただくことは可能です。
一部、リクエスト受付の商品がございますので予めご了承ください。

沖縄旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

10月から2月が穴場です。沖縄らしさは薄くなりますが雨も少なく気温も平均15度以上となり、秋・冬でも最低気温が10度を下回ることはめったにない沖縄は寒さから逃げるにはうってつけです!

沖縄の交通手段は何がありますか。

本当から沖縄までは飛行機で行くのがほとんどです。本島についた後の移動手段としては那覇市内を走る「ゆいレール」というモノレールやバスでの移動がメインとなります。免許を持っているならレンタカーを借りると時間に縛られず自由に行動できるのでおすすめです。

おすすめの特集

お知らせ

特選!クルーズ旅行
JALパックタイムセール
ANAバナー300×300

出発地

    目的地

      日付

      人数

        こだわり