トルコ旅行・トルコツアーを探す

トロイ遺跡などの人気世界遺産やカッパドキアなどの美しい自然遺産を数多くもつ、訪れる人々を魅了する国、トルコへ。

検索をはじめる

新着おすすめツアー

観光ガイド

トルコの特長

アジアとヨーロッパにまたがる約78万㎢の国土をもつトルコ。

その広さは日本の約2倍にもなります。

日本との時差は6時間で、東京から飛行機で約12時間半。
ターキッシュ エアラインズが東京(成田/羽田)とイスタンブール新空港の直行便を運航しています。

実はトルコは国をあげて観光産業に取り組み、世界中から観光客が訪れる観光大国です。

アジアとヨーロッパの文化が交差し、19もの世界遺産を有し歴史遺産の宝庫です。

またトルコについて詳しく知らない人もイスタンブールと聞けばピンとくる人も多いのではないでしょうか。

トルコ最大の都市イスタンブールは世界で唯一ヨーロッパとアジアにまたがり歴史的・文化的に東西の文化が融合しています。この地には「ブルーモスク」や「アヤソフィア」「トプカプ宮殿」などがあり、数えきれないほど多くの見どころ満載です。グランドバザールではショッピングが楽しめます。約3万㎡の敷地内には4400軒ものお店が軒を連ねます。異国情緒あふれるトルコでのショッピングは見るだけでも楽しいです。

またトルコは世界有数の親日国。そのため、日本人がトルコに旅行に行くと、現地でとても親切にしてくれることも多いようですよ。

また、トルコ料理は「世界三大料理」にも数えられています!アジアとヨーロッパが交わり、広大な国土で育まれる食材の豊富さから、種類豊富で奥が深いです。日本でも有名な「ケバブ」や伸びるアイス、通称サバサンド(正式名称はバルック・エキメッキ)などのグルメをぜひ本場で味わってください。

 

もっと見る

トルコのおすすめ観光地

スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)

トラム(Tramvay)の「スルタンアフメット(Sultanahmet)」駅のから徒歩約3分

海外観光客にブルーモスクの名で知られているスルタンアフメト・モスクは、オスマン帝国第14代皇帝「スルタン」アフメット1世の命により、1616年に建造されました。外観、内観共に見る者を魅了する美しさは、「世界で最も美しいモスク」と評され1985年に世界遺産に登録されています。
2万枚もの青を基調にしたタイルが壁・天井・柱などを覆い、その美しさから「ブルーモスク」の名で呼ばれるようになりました。
また、モスクを彩る鮮やかなステンドグラスから差し込む自然光がタイルを照らし、色彩豊かな光が礼拝堂に降り注いでいます。
イスラム教施設ですので、露出の多い服装での入場は不可です。

トプカプ宮殿

トラム(Tramvay)の「スルタンアフメット(Sultanahmet)」駅のから徒歩約10分

イスタンブールの旧市街となる半島の先端部分にあり、周囲を海に囲まれた華やかな丘の上の見事な宮殿です。
トプカプ宮殿は、1467年にメーメット2世によって建てられ、オスマン帝国の繁栄のシンボルとされてきました。当時、宮殿には6,000人もの人が住んでいたと言われています。
約70万㎡の広大な敷地を有する宮殿には、見どころも満載。
当時のオスマントルコ帝国の栄華を今に伝えるものとして歴史的価値が高く、宮廷の女性たちの生活の場であったハレムや、ダイヤモンドやエメラルドなどの宝石をあしらった豪華や宝飾品や美術工芸品の数々などを見学できます。
観光時間は、2時間程度確保しておくのがおすすめです。

カッパドキア

イスタンブールから「ネヴシェヒル カッパドキア空港」まで約1時間20分

商業の街ネヴシェヒルを中心に、奇岩群の多く集まるギョレメやウチヒサルのほか、ギョレメ国立公園やギョレメ野外博物館・岩窟教会などの観光スポットが点在しています。
今ある不思議な岩を作り出したのは、大昔になります。火山が大噴火し、150mもの溶岩や火山灰が降り積もりました。その後、長い年月をかけて風や雨水によって風化し続け、大地の形が次第に変わっていき、現在ある奇岩群が形成されました。奇岩群を空から眺める気球ツアーが人気です。
世界のどこでも見られないような絶景は、人生で一度は見たい絶景です!

トルコの季節とイベント

3月~5月ごろの気候と服装(イスタンブール)

春のトルコは基本的に日本の春と同じ気候になります。 春先はまだ少し肌寒さを感じるものの、5月になると暑い日も増えてきます。内陸部や東部地域では、春先まで朝晩冷え込むので、防寒対策をしっかりと。 沿岸部では、春先は少し肌寒いですが、5月に入ると暖かくなりますので、温度調節をしやすい服装がおすすめです。エーゲ海沿岸では、基本的には薄手の長袖が適した気候です。5月以降になると気温が上昇し、半袖で過ごせる日も出てきます。 訪れる地域別に確認しておくのも大切です。

最高気温 最低気温 降雨量
3月 12℃ 5℃ 44.5mm
4月 16℃ 9℃ 39.2mm
5月 21℃ 14℃ 27.3mm

3月~5月のおすすめイベント

毎年4月
チューリップ祭り

エミルガンパーク(イスタンブール)

実はチューリップの原産国であるトルコ。 春になると国花チューリップが街のいたるところに咲き乱れます。そのトルコで2006年から始まったチューリップ祭り。チューリップにちなんだ催し物や展示会、コンサートや試合などが行われます。 アヤソフィア博物館前にはる世界一大きなチューリップ絨毯が見られます!

6月~8月ごろの気候と服装(イスタンブール)

夏は降水量が少なく晴れる日が多いため、各地域とも気温が上がり暑いです。ただし、黒海周辺を除いて湿度が低いため、日本とは違う乾燥した暑さになります。そのため保湿クリームと日焼け止めクリームを持っていくのがおすすめ。日焼けが気になる方はサングラスや帽子もあると便利です。 また日中は半袖で過ごせますが、涼しくなる朝晩や冷房対策のために上に羽織れるものを持って行くとよいでしょう。特に、モスクを訪れる予定がある方は、肌を露出しないように注意が必要です。

最高気温 最低気温 降雨量
6月 26℃ 18℃ 24.8mm
7月 29℃ 21℃ 15.2mm
8月 28℃ 21℃ 18mm

6月~8月のおすすめイベント

毎年6月~7月間の数日
オイルレスリング世界選手権

エディルネ

オイルレスリングはトルコの国技でヤールギュレシと呼ばれ、世界最古の競技とも考えられています。オリーブオイルを塗った状態で対戦する競技で、世界遺産には1,500人もの選手が熱い戦いを繰り広げます。

9月~11月ごろの気候と服装(イスタンブール)

秋は日本の秋の気候とほぼ同じかそれよりも少し肌寒いです。気温は15℃前後。朝晩は冷え込むようになるので、防寒対策はしっかりとしましょう。また、標高の高い地域へ行く場合、セーター類は必須になります。 比較的降水量の多い季節なので、折り畳み傘などを準備しておくのがおすすめです。

最高気温 最低気温 降雨量
9月 25℃ 17℃ 33.1mm
10月 20℃ 13℃ 54.4mm
11月 14℃ 9℃ 65.7mm

9月~11月のおすすめイベント

9月頃
国際ぶどう収穫祭

ユルギュップ(カッパドキア)

トルコにはぶどうの生産地がいくつもあり、毎年収穫期になると、各地で盛大な祭りが行われる。伝統文化を披露したり、祝いのためのイベントやフォークダンスのショーが開催されます。

12月~2月ごろの気候と服装(イスタンブール)

冬は寒さが増し、雪が降ることもあります。気温がぐっと下がり10℃以下。イスタンブールに行く人もセーターやコートを準備しましょう。内陸部は点下になることもあるので、しっかりとした防寒対策が必要です。また降水量が1番多い季節。折り畳み傘などがあると役に立ちます。また、雨や雪に濡れても構わない滑りにくい靴を履くなどの工夫をするのがおすすめです。

最高気温 最低気温 降雨量
12月 11℃ 6℃ 72.3mm
1月 9℃ 4℃ 57.5mm
2月 9℃ 4℃ 49.2mm

12月~2月のおすすめイベント

毎年1月頃
ラクダ・レスリング

セルチュク

2000年以上もの歴史があるという説があります。 試合前にはラクダは華やかに飾られてパレードを行います。ラクダ同士が試合を行い逃げ出したり、転倒したすると負け。トルコではメジャーのようで、数千人が観戦しに集まるそうです。

おすすめの特集

お知らせ

特選!クルーズ旅行

出発地

    目的地

      日付

      人数

        こだわり

        出発地

          目的地

            日付

            人数

              こだわり